家をすぐに売る方法

家を早く売りたいという場合には、あなたの家を購入する側にたって考えてみる事が重要です。家を買う方は多くの家とあなたの家を比較しています。どんな家なら買いたくなるかをイメージすることが大切です。以下に、2つのポイントをまとめていますので参考にしてみてください。

不動産屋に査定を依頼する場合は、一社ずつ査定してもらうよりも、複数業者一括査定サービスを利用したほうが査定額は高くなります参加している業者は、はじめから他社との競争になることがわかっているので本気の査定額を提示してきます

不動産売買の歴史

バブル崩壊以前の日本において、不動産における資産価値は絶対的な神話があり株や先物取引では価値の上下はあるが、不動産に至っては価値が上がることはあっても下がることはないとも言われていました。確かに、古来日本でと言う狭い島国においては不動産を保持することは絶対的な権力にも繋がるため、如何によい不動産(土地)を確保し、また敵から奪うかとされていました。このことは、戦国時代がいい例で全国の武将が天下統一と言う大義名分を翳して土地の奪い合いを繰り返しました。

近年においても、植民地化なども同様なことで、第一次大戦や第二次大戦も事は土地に関わることが争いの原因の一つなのです。戦後の日本において、財閥が解体され焼野原の都会で土地の境界決めでかなり難航したとされ、やはり不動産に対する執着は根強く残っていることになります。

バブル期において、土地などの不動産に対する資産価値が急上昇することになり、東京などのマンション不動産を購入して売却すれば数千万円から億円の儲けられるとしてもてはやされた結果、さらに不動産の値を釣り上げる結果となってしまいました。

しかし、バブル崩壊とともに不動産神話も崩れることになり、マンションなどの不動産を売却するだけで大金が手に入り儲かる時代ではなくなってしまっています。

このため、不動産の売却においても、株式投資と同様に持っている不動産の価値がどれだけあり、今後、回収の目処はあるかなど考慮に入れる必要が出てきました。また、今売却しようとしている不動産がどれだけの価値があるのかある程度は自分で把握しておく必要もあります。

特に悪質な不動産業者の手に乗らないようにするためにも、まずは不動産に関する知識を身に着けておくことが重要となっています。今までは、不動産に関することは専門である不動産業者に任せておくことが一般的でしたが、数ある不動産業者を見極めることが不動産売却の成功の鍵となっています。

家をすぐ売りたいの記事一覧

大手不動産業者のデメリット

メーカー系やゼネコンなどの大手不動産会社は、全国規模で営業展開していることが多く、都心部だけでなく地方においても同じサービスを受けることができます。 特に首都圏でのマンション不動産は得意分野となって... 記事の続きはこちら

大手不動産業者のメリット

不動産というとあまり関係のないと思う人もいるかと思いますが、普段のテレビCMなどでは三井のリハウスや清水建設など、大手の不動産業者の名前を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 大手不動産業... 記事の続きはこちら

不動産業者とは

不動産業者と言うと、サザエさんのカツオ同級生の花沢さんが営む個人経営の不動産業者を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 自分の家のリフォームなどでお世話になるのがこうした街の不動産業者になるこ... 記事の続きはこちら