相続税が払えないときの現物納付

相続税は預貯金だけでなく、土地や不動産にもかかってきます。とくに土地や不動産などを相続したときには、現金で税金を納めることができずに現物納付するというケースも多いです。

家などの不動産を現物納付する際に気をつけたいのが、評価が市場価値よりも下回ってしまうということです。実際は、もっと高く売れるはずなのに、査定が低く損をしてしまうということも少なくありません。

そういった事態を避けるためには、ご自身で不動産を売却して相続税を納めるということも選択肢の一つです。

対象の家やマンションや土地がいくらで売れるかを知るためには、ネットの一括査定を利用するのが近道です。一度の入力で複数の不動産会社から査定金額をもらえますので、どの会社で売れば一番高く売れるかが一目瞭然です。不動産を売る際の定番になっています。



美術品を相続したときの注意点

遺産相続するものが現金や預貯金であれば、課せられる相続税分を相続した現金から納税すればよいのであまり問題となることは少ないのですが、被相続人が骨董や美術品の収集家になると、遺品となった骨董や美術品を相続した人は始末に困るだけでなく納税が課せられる相続税に困ってしまうことになります。

万一、収集していた骨董や美術品が偽物やレプリカであれば被相続人が幾らで手に入れようとも、資産価値はほとんど無くなりますので、相続税の課税対象となることも少なくなります。骨董や美術品の多くは、テレビでもよくあるように偽物も多いのですが、中には歴史的に価値のある骨董や美術品があるのと、しかも素人では全く見極めることが困難な場合が多くあります。遺産の相続においても、骨董や美術品を相続することになり、鑑定書を見る限り本物と思われても、いざ再鑑定すると実は偽物で鑑定書も偽造と言うことはあります。遺産相続するうえで、こうした骨董や美術品の場合、相続税が支払うことができないと言うことで現物納付の制度を使う人が多くあります。しかし、こうした骨董や美術品など現物で納税された税務署にとって、偽物であった場合資産価値は全くなくなってしまいますので、納税者に返却するケースが多く、手を焼いているようです。

また、不動産においてもバブル期に購入した不動産は今の数倍以上でしたが、現在は下落の一途をたどり不動産を現物納付されたが買い手付かない不動産も多くあるようです。

相続税の現物納付の記事一覧

相続税の税率と計算方法

遺産を相続したら相続税の納税義務者となることを知っている人も少ないのではないでしょうか。 遺産相続か複雑化して、利害関係や人間関係が入り乱れての遺産相続となると、相続手続きが終わると疲れ果ててしまう... 記事の続きはこちら

相続税とは

遺産の相続人となり、被相続人の遺産である現金や不動産、株式などの資産を相続することができ、被相続人に感謝をしている間もまなく、所管する税務署から遺産の相続に対する相続税・贈与税の納付依頼が入ることに... 記事の続きはこちら

相続人不在

少子高齢化社会が申告するなかで、少子高齢化の問題は人口の減少や経済活動の鈍化など様々なところへの影響が懸念されています。 少子高齢化の問題は、相続においても例外ではなく、昔のように相続人が非常に多く... 記事の続きはこちら

胎児相続

時代劇などで殿方の世継がなく、反召し上げの危機に陥っている中、奥方の懐妊することで藩の存続することになり、喜んでいるシーンを見られたことがあるのではないでしょうか。 相続においても、被相続人の実子が... 記事の続きはこちら

推定相続人の廃除

被相続人にとって自分の遺産を相続させるうえで、長男長女といった相続順序にとらわれず、最後まで自分の世話など尽くしてくれた人に相続してもらいたいと言う気持ちにかられるのは人情として不思議なことではあり... 記事の続きはこちら

相続欠格事由

相続の問題は、相続人や周りの関係者の利害関係が及ぶため簡単に解決できないことがあります。 テレビドラマや映画においても相続が関係した内容のものが多いように、相続を題材とした内容でドラマや映画が作れて... 記事の続きはこちら

限定承認

遺産相続するときに、被相続人(故人)の生前における知らざることが浮上してくることがあります。 普段の生活はまじめで無駄遣いもしないので預貯金もしっかりあると思い込んでいたら、いざ遺産存続となって遺産... 記事の続きはこちら

単純承認

少子高齢化社会が深まる日本において、このことは多岐にわたり問題を深めています。 相続においても少子高齢化の影響は、少なからずとも現実的に起きているのです。 被相続人が一人っ子で配偶者も既に他界してし... 記事の続きはこちら

代襲相続

遺産相続において遺言書がない場合は、民法第五編第二章の相続に従い相続人が決められることになり、相続人から異議申し立てがなければ相続手続きが執行されることになります。 民法第五編第二章の相続人第819... 記事の続きはこちら

遺産分割調停・遺産分割審判

遺産の相続は、金銭や不動産など資産価値の高いものが絡んでくるため、相続する人をめぐって時には紛争になることも珍しくはありません。 自分は兄弟姉妹はいないので相続の問題は関係ないと思っていると、いざ相... 記事の続きはこちら

相続と遺言

相続と遺言は、まさしく付き物と言っても過言ではなく相続のために遺言を残すことになります。 遺言は、被相続人が生前に一族に対する財産分与の方法や相続を行う順序などを書き記したものになります。 相続に関... 記事の続きはこちら

相続に関する手続き

よくテレビドラマなどで資産家の一族が相続をめぐって、被相続人が生前中から誰で何を相続するか話し合ったり、相続順をめぐって争ったりするケースを目にすることがありますが、このことは決してドラマの世界だけ... 記事の続きはこちら

相続に関する法律

相続の問題は、よくテレビドラマなどでも取り上げられるように相続人の利害が複雑に絡み合うため、非常に大きな問題となることが多くあります。 相続の問題は、時には実際に事件となることもあるため、慎重かつ適... 記事の続きはこちら

相続の歴史

相続の文化は、古代エジプト王の世襲に始まったとされています。 王家の血族である男子がエジプト王を継承する資格があり、エジプトの国土や住民、そして財など全てを相続することになります。 こうした世襲の文... 記事の続きはこちら

相続とは

自分には相続はあまり関係ないと思っている人も多いのではないでしょうか。 少子化により兄弟姉妹が少なくない国でないですが、日本においても一人っ子の家庭が多くなっています。 しかも、ちょうど少子化が言わ... 記事の続きはこちら

不動産利用に対する対策

バブル期において土地神話の話を聞いた人も多いのではないでしょうか。 土地やマンションなどの不動産価値は、安定しているだけでなく、将来てきにも値崩れすることはなく高値で取引されるものと言われていました... 記事の続きはこちら

生前贈与に対する対策

被相続人から遺産を相続することになり、多額の遺産を相続したもののそれ相当の相続税の納税義務が回ってくることになり、頭を悩ます人も多いのではないでしょうか。 人間は何時かは亡くなる運命にあり、自分が所... 記事の続きはこちら

自治体の相談窓口に相談する

被相続人から遺産を相続することになり、相続する遺産が少額であれば相続税の控除分で納税を免れることがありますが、相続した遺産が多額に及ぶ場合はそれ相当の相続税がかかってくることになります。 相続税の問... 記事の続きはこちら

銀行に相談する

被相続人の遺言や法定相続人により遺産を相続することになり、相続した遺品の扱いや相続税の用立てに困った場合、最寄の銀行や取引のある銀行に相談してみる方法があります。 相続したものがなかなか売却するのに... 記事の続きはこちら

弁護士に相談する

遺産の相続は、一般の家庭で相続人が一人かまたは2、3人で少ない場合相続する遺産でもめることも少ないのですが、億単位の現金や預貯金、大きな不動産や歴史的に価値のある骨董や美術品を所持する被相続人の家に... 記事の続きはこちら

税理士に相談

自分が相続人となった場合に、遺品の整理も大変ですが相続した遺品が高額なものがあった時に、相続税をどうしたらよいのかわからないことがあります。 しかも、相続税の計算方法は複雑になっているだけでなく、相... 記事の続きはこちら

税務署に相談

被相続人からの遺言や法定相続人ということで、遺産を相続することになったが相続した遺品が以外にも高額なため相続税がかかることになり困ってしまう人もあるのではないでしょうか。 税務署は、国の機関である国... 記事の続きはこちら

準確定申告

被相続人は、何も高齢者だけではなく不意の事故で亡くなった30代40代の働き盛りの人でもあり得ることになります。 被相続人に所得や株式の配当、株式売買での利ざや、FXなど先物取引での利益などを得ている... 記事の続きはこちら

相続時精算課税制度

被相続人が高齢で寝たきりとなれば、最近では介護施設に入所させて後は任せきりという人が多くなっていることが社会的な問題と話題となっています。 少子高齢化と核家族化で、恒例となったときに面倒を見てくれる... 記事の続きはこちら

相続税の税額控除

会社勤めの人の給与所得においても、自営業者の売り上げにおいても所得分全てを納税するのではなく、経費分などを考慮して所得から一定額分を控除したうえで納税額を計算する仕組みとなっています。 相続税におい... 記事の続きはこちら