不動産業者とは

不動産業者と言うと、サザエさんのカツオ同級生の花沢さんが営む個人経営の不動産業者を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
自分の家のリフォームなどでお世話になるのがこうした街の不動産業者になることが多く、こうした個人不動産業者は地元に密着した不動産の売買や仲介、リフォームなどを手掛けています。
不動産業者の仕事は、不動産に関わる売買や紹介、そして交換、賃貸、管理の代理や仲介を行う業者になり、先ほどの街の不動産業者だけでなく、賃貸住宅業者や法人に対して業務を行う大手の不動産業者があります。
大手の不動産業者では、旧財閥系で三井のリハウスでお馴染みの三井不動産や三菱地所、住友不動産があり、商社を兼ねた業者では丸紅や三井物産、三菱商事などがあります。
他にも、メーカー系のトヨタホームや神戸製鋼不動産、旭化成ホームズなどがあります。
ゼネコン系や金融、外資系など様々な分野の業界からも不動産事業に参入していることから、国や都道府県が行う公共事業には必ずと言ってよいほど、不動産業者の名前が連なるように密接な関係を持っています。
私たちが不動産の売買でお世話になるのは街の不動産業者か、トヨタホームや三井ホームといったメーカー系不動産業者が多いようです。
不動産業者が各業界から参入してきているのには、それなりの儲けがあることになり、国の公共事業にもなれば億単位の金銭のやり取りがあります。
このため、不動産業者に対して都道府県単位での届出が必要になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事