相続税とは

遺産の相続人となり、被相続人の遺産である現金や不動産、株式などの資産を相続することができ、被相続人に感謝をしている間もまなく、所管する税務署から遺産の相続に対する相続税・贈与税の納付依頼が入ることになります。
被相続人の死亡による遺産相続の場合は、生前に遺留分の受けると場合は生前贈与となり、別途、贈与税が課せられて切ることになりますので、いずれにせよ自分の残した遺産を受け継ぐことにより相続税や増税を課せられることになります。
基本的に生前贈与の税率は高くなっていますので、被相続人の遺産の相続は、被相続人の死亡を待って遺産を相続することが多くなっています。
ただ、一般庶民での遺産相続においてはわざわざ税務署の人が葬式に来て遺産を調べるものではありませんので、相続人となった納税義務者が申告を行うものとなっています。
税法の規定では、相続の開始が決まった日の次の日から10カ月以内に相続する遺産に対する価値から相続税の計算を行ったうえで申告しなくてはなりません。
また、大襲相続となり相続人の子が相続を受け継ぐことになったが未成年者である場合は、親権者に納税義務が発生することになります。
同様に胎子が推定相続人となった場合においても、死産とならない限り相続人となりますので、この場合も親権者に納税義務が発生することになります。
相続税の納税義務者となった場合、相続した遺産が現金や預貯金であれば納税することは難しくはありませんが、不動産や貴金属、絵画などの場合、相続税を持ち出さなくてはいけなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

  • 相続税の税率と計算方法

    遺産を相続したら相続税の納税義務者となることを知っている人も少ないのではないでしょうか。 遺産相続か複雑化して、利害関係や人間関係が入り乱れての遺産相続となると、相続手続きが終わると疲れ果ててしまう... 相続税の税率と計算方法の続きを読む>

  • 相続税とは

    遺産の相続人となり、被相続人の遺産である現金や不動産、株式などの資産を相続することができ、被相続人に感謝をしている間もまなく、所管する税務署から遺産の相続に対する相続税・贈与税の納付依頼が入ることに... 相続税とはの続きを読む>

  • 相続人不在

    少子高齢化社会が申告するなかで、少子高齢化の問題は人口の減少や経済活動の鈍化など様々なところへの影響が懸念されています。 少子高齢化の問題は、相続においても例外ではなく、昔のように相続人が非常に多く... 相続人不在の続きを読む>