銀行に相談する

被相続人の遺言や法定相続人により遺産を相続することになり、相続した遺品の扱いや相続税の用立てに困った場合、最寄の銀行や取引のある銀行に相談してみる方法があります。
相続したものがなかなか売却するのに相当な時間を要することがあり、相続税の納付期限に間に合わなければ成りません。
銀行では、相続したものが骨董や美術品であった場合、鑑定を行うとともに相続税の納税額を示してもらえることがあります。
相続した遺品があまりにも高額で相続税の納付が困難となった場合、銀行では遺品の売却整理などのアドバイスをするとともに、納税額の不足分の融資することも検討されることもあります。
不動産や骨董、美術品は時価額となるのが一般てきで、いくら査定や鑑定で高額の値がついても、買い取り先がなければ売却値段を下げざるを得なくなってしまいます。
銀行での相続に関る相談は、被相続人が亡くなってから相談するよりも生前中に相談することをお勧めします。
銀行では、預金や融資の業務だけでなく不動産や先物取引、貴金属の取り扱いなど幅広く業務を行っています。
万一、取り扱いに困る遺品があるのなら、生前中に相続することを考え、定期や株式、不動産に交換することが考えられることになります。
銀行では、こうした遺品の交換の仲介を行う銀行がありますので、想定される相続税を試算したうえでどの方法で交換するか相談してみてはどうでしょうか。
銀行ではね自行での取引を前提にすれば無料で相談することもあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

  • 限定承認

    遺産相続するときに、被相続人(故人)の生前における知らざることが浮上してくることがあります。 普段の生活はまじめで無駄遣いもしないので預貯金もしっかりあると思い込んでいたら、いざ遺産存続となって遺産... 限定承認の続きを読む>

  • 単純承認

    少子高齢化社会が深まる日本において、このことは多岐にわたり問題を深めています。 相続においても少子高齢化の影響は、少なからずとも現実的に起きているのです。 被相続人が一人っ子で配偶者も既に他界してし... 単純承認の続きを読む>

  • 代襲相続

    遺産相続において遺言書がない場合は、民法第五編第二章の相続に従い相続人が決められることになり、相続人から異議申し立てがなければ相続手続きが執行されることになります。 民法第五編第二章の相続人第819... 代襲相続の続きを読む>