税務署に相談

被相続人からの遺言や法定相続人ということで、遺産を相続することになったが相続した遺品が以外にも高額なため相続税がかかることになり困ってしまう人もあるのではないでしょうか。
税務署は、国の機関である国税庁の下部組織として国税に関することを全国の地域を所管する部署を配置しているものになります。
税務署では、所管する地域における国税の徴収や還付に関する事務、税理士の統括事務、酒類の管理保全、酒税の管理事務、取得税、贈与税、相続税の申告受付、確定申告などの事務管理を行っています。
税務署と聞くと、税金を徴収するところで敬遠する人もあるかと思いますが、私たちが健全で豊かな暮らしを行うためには、税金は必要不可なものとなっています。
税務署では、税金の徴収だけでなく、税金の納め方などの相談・アドバイスも行っていますので、多額の相続を行うことになった場合は、所管する税務署に相談してみるとよいのではないでしょうか。
税務署は税金を取り扱う大元になりますので、税金のことを一番よく知っているはずです。
税務署では、税金に関する相談窓口を開いていますので、住んでいる所管する税務署に電話を入れておけば相続税の担当職員が相談に乗ってもらえます。
税務署での税相談は無料ですから、自分が納得できる方法が見つかるまで質問してみるとよいでしょう。
また、相続税の納付額の計算の方法についても、パンフレットを基に説明してもらえますので、税理士などに依頼する前に自分で計算してみるのもよいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

  • 限定承認

    遺産相続するときに、被相続人(故人)の生前における知らざることが浮上してくることがあります。 普段の生活はまじめで無駄遣いもしないので預貯金もしっかりあると思い込んでいたら、いざ遺産存続となって遺産... 限定承認の続きを読む>

  • 単純承認

    少子高齢化社会が深まる日本において、このことは多岐にわたり問題を深めています。 相続においても少子高齢化の影響は、少なからずとも現実的に起きているのです。 被相続人が一人っ子で配偶者も既に他界してし... 単純承認の続きを読む>

  • 代襲相続

    遺産相続において遺言書がない場合は、民法第五編第二章の相続に従い相続人が決められることになり、相続人から異議申し立てがなければ相続手続きが執行されることになります。 民法第五編第二章の相続人第819... 代襲相続の続きを読む>